たいへん簡単に使用することができるカードローンですけれども忘れてはなりません、ローン会社というものは利ざやを上げるために金利を掛けているということです。貸主はクレジットカード会社なわけですから当然なのですが、借金の利子はすごく高くなっています。グレーゾーンの利息が適用されていた時代には29.20%といった非常識な高水準の金利で契約させられていたのです。そしてその時代は総量規制がなかったのでどんどんカードを作っていたというわけなのです。そうして、返済が難しくなる人を大量に輩出し、お手上げになる国民が急増してしまいまいた。結果総量規制のおかげで自らの墓穴を掘るようなことになってしまったのです。それはいいとして、現在では利息は大分低い水準に落ち着きましたが、それでもなお一般のローン等と比較すると高水準であることには変わりがないと言えるでしょう。借金するお金の額が少ないのであればそれほどは負担にはならないのかもしれませんが、大きい金額のカードローンをしてしまった場合、金額によって支払い時間も長くなるから、金利を返済する総額に関しても相当な数字になります。現実に、電卓等で計算してみると全体的にはかなりの金額を支払っていることに気付くと思われます。これを当たり前だと受け止めるかそうではなく損をしていると考えるかは人によりますが、私でしたらこれだけのキャッシュがあるのでしたら様々な物が買うことができるのにと思ってしまうのです。これだけの利息を支払いたくはないという場合は、切りつめて引き落し回数を縮めるように気を配ってください。若干でも先に返済をしておくことで、引き落し月数を短くすることができます。全然意味もなく借金するような人はいないでしょう。やむにやまれず理由があって仕方なく借金することになるのですから、その後は支払を少しでも短くするといった工夫が必要です。かつ支払に余剰がある際には繰り上げて支払をして早期支払を心がけましょう。